高級賃貸

高級ワインや高級フルーツ、高級スーツに高級葉巻などなど、世の中には高級を冠する商品がたくさんありますね。俗にいえば、嗜好品と呼ばれる分類に入って、値段のみならず国によっては物品にかけられる税金すらも高くなるという、民間企業と国の双方が満面の笑みになるほどお金の動く場合が少なくありません。昔祖父母の家に、高級食卓というのがありましたが、すごく重くて頑丈で「地震があったら、絶対頭を隠そう。」と家族で誓い合ったものです。高級なものには、人々を納得させる機能やサービスが満載であるのは言うまでもありませんよね。私たちが生活している衣食住の現場の大多数の商品やサービスに、高級という形容詞を付けることができます。当然ながら、生活の基盤である住環境にも高級を冠するものは存在しています。例えば、高級住宅や高級車それから先ほどお話した高級家具などです。自分の評価を高める「ステイタス」としての働き以上に、ものそのものの価値が高いという特徴が、なんともあり難いものです。

近年、にわかに注目を浴びている高級な不動産があります。それが「高級賃貸」と呼ばれる賃貸物件であります。想像すれば、幾通りも頭の中をよぎりそうな、あいまいな高級感が漂っていますよね。高級でありながら、住宅ではなくレンタルの賃貸であるところが、そして高級でありながらホテルとは違い賃貸であると称しているところなど、確かに不動産の新ジャンルと言えるでしょう。俗に、どんな不動産物件であっても「住めば都」という考え方は、我々の心の中に住みついているものです。ですが、それがもともと高級であるとなると、「住まなくても都」であるだろうと言う予想ができて、あれこれ想像しているのが楽しくなりますね。そんな新しい時代の新たな価値観である、高級賃貸について積極的にその魅力をお伝えしたいと思います。これほど紹介する前から、私も含め読者のみなさんにドキドキとワクワクが蔓延(まんえん)させることができるのも、おそらく高級と言う言葉のもつ魔力のようなものなのでしょうね。

全員が負けるゲームはありません

高級賃貸と言えば、その実態は後々明らかにしていくとして、単純に高級な賃貸物件であると想像できますよね。どんな人が借りるんだろうとか、そもそも借りる人がいるのだろうかとか、思ってしまいがちです。それもそのはず、ここ20年ほど日本は景気が後退し続けていると言われています。バブル経済の頃が高すぎたとの見方もできるでしょうが、私たちの人生の結晶である経済活動そのものをゲームであると考えると、当然ながらいつの時代も全員が負けるゲームというのは存在しません。当たり前のことですが、倒産する会社の裏であるいは横や目の前で、儲かって仕方がないという会社はたくさんあるというわけです。ですから、こんな不景気な時代にこそ儲かっている方が高級賃貸を借りているというわけです。高級賃貸に関わらず、高級品というのはどんな時代にもいわゆる勝ち組層からの需要があるために、廃れることがないと言われていますよね。まず最初に、そんな時代に左右されない住環境の高級品である、高級賃貸についてその正体を明らかにしていこうと思います。

高級賃貸の正体について

まずは高級賃貸が何なのかを明らかにするために、その歴史や日本での高級賃貸事情というのを明らかにします。それから、より具体的な実態に迫るために実際の物件の家賃や、サービスなどを見ながら仮想で借りる流れを追ってみたいと思います。最終的には、高級賃貸を借りるタイプ借りるのがおススメな方々を、はじき出してみたいと思います。

誰でもチャンスがあるものです

ところで、高級賃貸なんて自分には全く縁がないと思っていらっしゃる方も多いかと思いますが、流動的でスピーディーな現代社会、ひょんなことから自分が高級賃貸で暮らせるチャンスは発生するものです。そのあたりの可能性にも迫ってみます。